今日は小さいお子さんのお客lAdAC


小さな子でも気持ちが入っているか、いないか敏感に分かる。小さなお客様だって手を抜かない♪
スポンサーサイト

今日の気仙沼の気温は


午前10時で7度でした。スタッドレスタイヤも交換しました。ヒートテックも暑くなってきました。復興したね。って早く言いたいね。

まいったなぁ~


修行時代の親父さんとか、お世話になった先輩の予約が入っている。やだなぁ~(*´ω`)。そんな凄い方々に俺の料理なんて恥ずかしい。
ま、でも実力以上のものは出ないんでいつも通り準備する。

心配なんてしなくていい ♪


1872年、明治政府が近代最初の人口調査を実施。当時の日本の総人口3311万人。…
ということは、この130、140年で人口が3倍以上に膨れ上がったんだ!あり得ない伸び率。僕らもその最中に産まれ、育ち、経済と共に階段を登って来た。何をやっても伸びるのが当たり前だと思ってきたイケイケの時代。
しかし、どうだろう。今の私たちの暮らしは。こんなに豊かで便利で物で溢れかえっているのに、どうしてこんな生きずらいんだろう。僕は長いこと考えてきた。
それは人口が多い経済絶頂期と比較してしまうからではないだろうか。今の70代の方などは「俺の小学生時代は11クラスもあって、お祭りの時なんかは人で町中ごったがえしていた。」
僕たちの子供時代は6クラスあった。まだ昭和の高度成長の余波はあった。現在は1、2クラスである。人は嘆く。子供たち、人数が少なくて可哀想だ…
でも子供たち本人は少なくて寂しいなんて全く感じていないと思う。いる人数でエンジョイしている。
明治に生きた人もまさか100年後にこんなに人口が増えると思ってないだろう。次の100年後はどんどん人口が減っているかな?もしかして回復して景気も良くなってるかもしれない?
『売上をどんどんもっとのばそう!』なんて今の過渡期にムリムリ(ヾノ・ω・`)。微妙に人が減り続けてたのが震災で拍車がかかった。現状維持でも最高なのでは?たまたま右肩下がりの時代に生きているだけ。健康で欲張り過ぎず次の時代にバトンタッチ出来れば十分。明治時代の人たちは総人口3千万人でも十分幸せに暮らしてたんだから。
昔からの仕来たりとか守りつつ今の時代にフィットした柔軟に変化する。女性や若い人たちの意見に良く耳を傾ける。未知の可能性は目の前に山ほどあると思うよ♪まず、少しだけ自分を変えることからがスタート♪♪♪
頑張って行こうぜ☆

スズキ☆スイフト


12才の愛車・スイフトも間もなく8万キロ。思いでもいっぱい乗せてきた。故障もなく元気いっぱい。これからも丁寧に大切に乗り続けたい☆
プロフィール

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー