水木しげるロード

20080331220336
鳥取の境港に来ています。ゲゲゲの鬼太郎の水木しげるロードにあるパン屋さんで。鬼太郎やネズミ男、ぬりかべ、一反木綿などのパンが売られていました。街起こし頑張ってるなぁ!
スポンサーサイト

酢のもの

20080329093853
気仙沼はまだ、朝晩冷え込みます。その中て゛も春の兆しが感じられます。暖かくなると酸味のあるものが欲しくなるようです。旬の山海の幸を黄身酢で召し上がっていただきます。

自家製ジャコご飯

20080328085130
和歌山や徳島から届けてもらいます。うちで酒・醤油などで味付けます。大きなザルに広げ天日で干し、マメに返しながら3~4日。しっとりと乾いたら完成です。そのジャコと気仙沼で取れた山椒の実も少々、あついご飯に混ぜていただきます。カルシウム不足のお子様やお弁当に、お土産も最適です。先日、店の前の高い所に天日干ししていました。小1の娘が走って入って来ました。「お父さん、知らない人が食べてるよ」「え!?」

やきたて玉子焼き

20080327093403
20080327093401
砂糖を使い甘めに焼く関東風「厚焼き玉子」。だしをたっぷり入れ砂糖は使わずミリンを少々の関西風「だし巻き玉子」。お弁当には関東風、おつまみには関西風でしょうか。うちのは、その中間をとって「気仙沼風」?!かな?

初がつお

20080326135834
鮮やかな赤身ともっちりした食感が春の訪れを感じさせます。無添加の自家製ポン酒でいただきます。以外と、からし醤油でもいけますよ。

笑顔が素敵なお客様

20080325093330
久々に豪快なお客様を見ました。他の皆さんが生ビール一杯開けるか開けない位に笑顔で三杯!お出した料理も「美味い、美味い」とどんどん召し上がり、日本酒も飲む、飲む。大柄な方で笑顔で「おいしかったよ~、ごちそうさま!」って。カッコイイー!作ってる方も非常にすがすがしい気分になりました!気仙沼の地酒は美味いもんなぁ

春野菜の天ぷら

20080324103533
山菜のシーズンには少し早いですが、摘みたてのふきのとう(気仙沼では「ばっけ」と言います)など、ほろ苦い春を揚げました。気仙沼の美味しい冷酒かロゼワインが合いますね!

わたくし事で…

20080323230025
「スイート・テン」ってのを迎えました。いつもありがとうございます。感謝しております。「10周年だし、高い包丁買おうかな?!」 「はあ?」だって

吉次(きちじ)

20080323004402
20080323004359
吉次(きちじ)という魚です。一般には「キンキ、キンキン」とよびます。北海道では「メンメ」とよぶのかな?気仙沼では、昔は土間に山積みになっていたそうです!今は漁獲量が大変少なくとても貴重な高級魚です。魚体が赤いので「赤もの」と呼ばれお祝いや特別な席に使われます。気仙沼の人にとっては思い入れの強い魚です!味はと言いますと…。皆さん、会話が無くなり、静かになります。美味すぎて食べるのに夢中になりすぎて…。シンプルに塩焼きが最高ですね。煮付けや二度揚げして骨まで食べるのもいいですね!今日は残ったアラを雑炊にしてお出ししました。気仙沼にいらしたさいは是非どうぞ!

さくら餅

20080320133515
道明寺を使った関西風とクレープ状に焼いた関東風があります。女性のお客様が多かったので苺を添えてデザートにお出ししました。餡も小豆から練り上げてます。でも写真見る限り、「餃子」だなぁ〓

全自動タコ焼き機

20080319234517
20080319234515
叔父から「子供達に」と譲られたマシン。タコ焼き粉(初めて知った)を水と卵で溶いて使うようです。遊園地のオクトパスのような動きをします。食べてみると…「う、うまい」「パーフェクト」開発した方の熱意に脱帽です!

手打ちそば

スローフード気仙沼で去年の夏、そばを撒きました。その粉で打ったそばをいただきました。旨かったぁ!豊かな田園風景の中で食べる味は格別でした。葛で練った、蕎麦豆腐やそばの実入りの練り味噌も絶品でした。
気仙沼は海の幸だけではなく山の幸も豊富という事を認識しました。都会では出来ない経験でした。気仙沼は素晴らしい所です

独活

20080315222312
「独活」なんて読むか分かりますか?「うど」です。ほのかな苦味と、しゃきっとした食感が春の訪れを感じさせます。厚めに皮をむき酢の物、和え物に。残った皮は刻んでキンピラに。穂先は天ぷらに。メバル、初がつおなどの旬の魚との相性も抜群です。ちなみに日本一の産地は東京だったかなぁ。

歓送迎会

20080314142908
送られる方、迎えられる方。春はいろんな思いが交差する季節です。さぁ、明日からもガンバロー!

ガンバレ〓

20080312235856
当店の座敷には、それぞれ相撲部屋の名前がついています。「いらっしゃいませっ、2階の時津風です。」とご案内すると「時津風部屋ぁ~」とか「マジで~」と言う声がちらほら…新時津風部屋頑張って下さい!応援しています!

自家製いか塩辛

20080312010227
今回仕込んだ塩辛は非常に出来がよかった!前回、細いとお客様に指摘を受け、今回は多少厚めに切りました。「みなと町の切り込み!」っていう豪快な感じです!気仙沼では塩辛の事を「切り込み」と言います。身だけではなく、耳や下足も入れます。ご飯のお供やお酒のおつまみに最高です!

青み

20080310002426
料理の味と盛り付けを引き立てるのが「青み」です。脇役ですが欠かせない存在です。今日は菜の花、キヌサヤ、葉玉ねぎ、ブロッコリー、蕪の茎、志津川のお父さんが育ててくださったほうれん草、蛇腹きゅうりなど…。 酢味噌やお浸しなど一気に春らしい献立が並ぶと、軽やかな気分になります!気仙沼の春もすぐそこまで来ています!

のどぐろ

「のどぐろ」って魚、ご存知ですか?
正式には「あかむつ」という魚です。北陸から山陰にかけてとれます。
高知でも多少、水揚げがあるようです。
名の通り、口の内側が真っ黒で魚体は赤く、大きいものは 
40cmくらいあるでしょうか。上品な脂がのった超高級魚です。
 が、しかし身がとても柔らかく扱いが難しいことから、別名
「板前泣かせ」と呼ぶ人もいます。
 私も泣かされた一人です。
串の打ち所が悪く、重みに耐え切れず、焼いてる途中で
     
            ボタッ・・・
         
親方の口がポカーンと開き、
「くまちゅわあ~ん(くまちゃん、私の名)」{悲しい声で}

思い出す悲劇!
精進いたします。。。

真鱈

いよいよ気仙沼の真鱈の漁も終盤にさしかかってきました。
もちろん鍋に始まり、ちり蒸し、粕漬、唐揚、フライ!鮮度がいいものは
刺身や昆布〆に!今の時期とても重宝する魚です。
雄の白子(気仙沼ではキクまたはキショと言います)はトラフグのそれに
負けず劣らず、クリーミーでこくのある逸品です!
私の一番のおすすめは「真鱈のポン酢ちゃんこ」!!!
ご飯を食べながらでもいいし、一杯やりながらでもいい!〆の雑炊が
もう最高!!!みやのぼり自家製ポン酢がやみつきになります!!
(今日の昼は中華で重かったので特にさっぱりしたものが欲しく
なります)
カロリーも抑えてあり文句なし!!!
まだまだ気仙沼のおいし魚は続きますよ!
プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー