Kスタ

20080630081851
20080630081849
20080630081847
20080630081845
20080630081842
Kスタで野球をやらせて頂きました。

プロが立つグラウンドでするというのは、昔の野球少年として非常に感慨深いものがありました。

試合内容はというと…
2点差で追う最終回。

2塁に代走で送られた自分。
ホームにかえれば同点の場面。

そしてバッターの打球はセンター前に転がる!

俺はちゅうちょなく3塁を回り本塁目掛けて激走!

帰れば同点…!

炎のヘッドスライディングーーー!!!
 


     が 



と、届いてなーい!

慌て歩ふく前進!!

なんとかセーフで、その後チームはサヨナラ勝ち。

ユニホームは泥だらけで女房に嫌がられ、子供達は「お父さんのヘッドスライディング、格好わる~い」と。
今朝はからだ中痛いし…

でも格好悪い一生懸命なお父さん、目に焼き付いたかな?

団体スポーツの素晴らしさを再確認した一日でした!
スポンサーサイト

ありがとうございます

20080629224512
感謝の気持ちで作らせて頂いています。

練習!?

20080628084022
宴会の予約が入っている場合。

必ずと言って、予定の時間より30分程早く来るお客さんが数人…

「乾杯の練習するから。とりあえず、生!」

「乾杯の練習?」

乾杯に練習する必要が?

素直に飲みたいって言えばいいのに、コノコノ!

いやー、でもいい風習だなぁ(笑)

練習嫌いの俺でもこの練習なら率先してするもんなぁ

これは気仙沼だけの習慣だろうか?

こうして南町の夜は賑わって行くのでした!

青梅ジャム

20080627082427
新物の青梅が出回って来ました。

今朝は食卓に「自家製の青梅ジャム」が並びました。

甘さを超控え目にして、見た目をまっ青に炊いたジャム。

実はこれ、1年前に「青梅の蜜煮」を作った時の失敗作…

鍋の火が少し強くて、全部の梅がパンク!
使い物にならず、開き直ってジャムにする事に。

それで出来た思わぬ副産物…

1年後も色が変わらず、程よい酸味で非常においしい。

しかし子供達は言う…

「えー、スライムみたいでキモいー」

あっそ、食べなくて結構です。
子供にはお父さんの人生の味はわかんねぇだろうなぁ(笑)

モーツァルトを聴かせて?

20080626090015
20080626090013
友人らみんなでカラオケボックスに。

ガラッ。

窓を開けると一面

「田んぼ」

おっーローカルだせー!

モーツァルトを流して仕込んだお酒や味噌がまろやかになるってのは聞いたことがあります。

でも我々のカラオケを聴いて育ったお米は…
きっと美味しくなるでしょう?(笑)

カマスの握り

20080625091019
20080625091017
20080625091015
カマスといえば干物のイメージ。

初めて見ました、活きているカマス!

活け締めにして、三枚卸しに。
皮を引こうかと思ったが、(まてよ?焼いて美味い魚だから、皮を引くのはもったいない)

バーナーで皮だけあぶる事に!

冷蔵庫で寝かせた後、寿司ネタに切り付け。

初めて食べる生のカマスの味はと言うと?

プリッとした食感にあぶった香ばしい香り。そして甘い!!!

醤油でも美味いけど、塩にスダチも合うかも?

気仙沼の定置網も活気づいて来ました!

西暦1186年

20080624094629
20080624094626
20080624094624
20080624094622
羽田(はだ)神社に行って来ました。

参道を通って階段を登る事、約200段!

登りきった両脇に巨大な杉の大木が2本!!ジャックと豆の木のようにその2本だけが空まで伸びている!

その名を「太郎坊、次郎坊!

大人10人程が手を繋いで回る位の、幹の多くきさ!

植樹されたのが1186年というから驚き!

イイクニ作ろう鎌倉幕府が1192だから、それ以前って何時代だっけ?
まだ生きてるんだから…
それを守ってきた神社の方々も凄いよなぁ。
本当、一見の価値アリ!

樹齢900年の「太郎坊、次郎坊」をみるとちょっとしたストレスや失敗なんて吹き飛んじゃうね。点みたいなもんだね!

本当すっきりしたー!

気仙沼で鱧(はも)?

20080622120701
関西で夏のおいしいもんゆうたら、やっぱり「鱧・はも」でっしゃろなぁ。
瀬戸内でとれた鱧は身が締まって、上品な脂が身上ですな。

活きてるもんを、腹開きにして骨切り包丁で骨切りします。
せやなぁ、だいたい1センチに7つか8つ。
しかも皮1枚残して!これがごっつう至難の技でして…

骨切りした鱧を皮目から湯引きしすると、パァっと花が咲いたように広がります。
それを氷水に素早く落として…

冷たーくした器に盛り付け、梅肉で頂きます。
なんともいえん夏の味覚ですわなぁ…

その鱧をなんと「あなご」でやっちゃいました!

味はといいますと…
鱧に劣らないええ味してまっせ。

うちの夏の新名物にしようと思ってます。

是非一度ご賞味あれ。

父子鍋

20080621093030
「ちゃんこなべ」

「ちゃんこ」にはいろんな言われがありますが、当店では「父子」と書きます。

もちろん、相撲部屋で師匠と弟子。会社の上司と部下。先輩と後輩。そして親と子…

鍋だけでなくお相撲さんが作るとどんな料理も「ちゃんこ」になるんですね。

ひとつの「ちゃんこ」を囲んでみんなで絆を築き上げる!
こんな時代だからこそ大切にしていきたいな!

本マグロの子供

20080619010833
本マグロの幼魚を「メジマグロ」、通称「メジ」といいます。関西では「ヨコワ」。

脂ののった大人の本マグロに対して、まだ成長過程でさっぱりした脂のメジマグロ。

まぁ、どっちとも美味いんだけど…人間ってのは欲深いねぇ。

魚捕りすぎなんじゃないかなぁ。
お魚さん達に感謝しながら生活しないと…

「穴子づくし」

20080618010435
「気仙沼の穴子」を使ったコースです。
1人前、3675円で7月末までの期間限定です。
いろんな調理法で味わえる「穴子」を是非、ご賞味下さい。

下駄箱

20080616225308
20080616225306
20080616225303
友人と一緒に下駄箱を組み立てました。

もともと組み立てるのはあまり得意ではない方。

作業半ばで板が逆さなのに気付き、もとどおりに解体…

四苦八苦しながらようやく完成!

「あれっ、ネジが残ってる」

子供の頃、プラモデル作ってもなんかパーツが残ったりして。

まぁ、いいか。

いい加減な性格な俺

地震

安否確認のメールや電話を頂きました。
おかげさまで何事もなく皆無事です。
余震が続くようなので十分気をつけたいと思います。
ご心配ありがとうございました。

初物スイカ

20080613064021
20080613064019
九州のスイカです
甘さ控え目でちょうどいい味。

年配のお客様だったので食べやすいように一口大に切って。
お世話になった方から頂いた青もみじをちょっと添えて…

余談ですが、「鮎」を食べる機会があったら箸を入れる前に匂いを嗅いでみて下さい。

「スイカ」の香りがしますよ。

暖簾

20080612085221
暖簾

「のれん」と読みます。
6月に入り紺から白に衣がえしました。

好きな仕事して働かせて貰っているのも、店の看板である「のれん」があってからこそ。

感謝しながらおもいっきり仕事させて頂きます!

水なす

20080611170649
20080611170647
20080611170645
20080611170642
ご近所さんからおすそ分けして頂きました。
「水なす」のぬか漬け

初めて食べたのは5年前だったかな。
あるお店で「生で食べるなすです。」と。

塩とスダチで食べさせられて衝撃を受けたのを覚えています。

大阪の南、岸和田と泉佐野の名産です。
今やブランド名で全国区です。
名前の通り水分が多く、口に入れた瞬間ジュワーっとあふれ、みずみずしいフルーツのような食感です。包丁の金っ気を嫌うので手で割いて食べるのも特徴です。

ごちそうさまでしたー!

らっきょう

20080610083253
母に教わりながら「らっきょう」の仕込みに。
大量のらっきょうを今まで一人で仕込んでいたのだから頭が下がります。

泥をよく洗い流し、根っこと先端を切る(これだけで1時間)。
もう一度洗い、塩漬けに。今日はここまで。

しかし、母親の漬け物のバリエーションは凄い!全部手作り。
ついつい漬け物は後回しになり、手を抜きがちになってしまいます。

しかし、その漬け物こそが1番手を抜いてはいけない料理なのです。

昔、親方に言われました。
「いくらいい料理を作っても、最後に『おいしい白いご飯と、おいしいお漬け物と、おいしいお味噌汁』を出せなかったら、今までの料理が全部パーだぞ」と。

ご飯食べてても、飲んでても「手作りのおいしい漬け物(気仙沼弁で『おごご』)」があると他におかずいらないもんなぁ。

本当、受け継いで行きたいな。

ドーナツ

20080609085043
夜7時過ぎているのにこれだけ残っていた。
なおかつまだ新しいドーナツが揚がっていた。
日曜の夜で人もほとんどまばらなのに売れ残んないかこちらが心配する。
時間が経ったら処分するのかどうか。それでも利益は出るだろうが…
個人店だったら、こんなに在庫が残ったら死活問題だよ。売上ばかり重視しているからこんな矛盾が生じてくるんだろうな。時代錯誤だな。

昔職場で、休みの前の日に残った食材を大量に捨てていた板長がいたなぁ。あの光景見てびっくりしたもんなぁ。経営者が現場にいたら即、クビだよ。雇われ板前だから感覚がちょっと…

いずれにせよ、食べ物だけでなく限られた資源。大切に使いたいものである。

しかし

20080608214726
楽天の選手は、黒髪、ヒゲ無しなのに対しロッテは茶髪、ロン毛、グラサンだもんなぁ。
氣志團だよ~(笑)

しかも試合は氣志團の圧勝だもんなぁ~まいったまいった!

2軍

20080608141630
今日は楽天とロッテ2軍の試合を見に来ています。

60番台や70番台の背番号の選手が死に物狂いにプレーしている姿を見ると俺もカーッと熱くなっちゃうんだなぁ。

「絶対、1軍にはい上がってやる」っていうハングリーさが好きなんだよなぁ。

俺も負けじと頑張るぜ!

ちなみに俺の注目選手は、楽天の23番・聖沢(ひじりさわ)。彼は1軍にはい上がって絶対にやります!(たぶん…笑)

そら豆

20080607234547
20080607234545
20080607234542
香川の叔父から送っていただきました。
自ら育て上げた、立派な「そら豆」。
東北地方ではなかなかお目にかからない貴重な品です。

今日はさやごと器に盛り、目でも楽しんでいただきました。

ありがとうございました。

気仙沼の初夏の魚

20080606074833
20080606074831
20080606074829
20080606074826
20080606074824
20080606074822
かれいの煮付け

かつおのタタキ

鰊にヤリイカ、天然の鯛!

生はもちろん、焼いたり煮たり揚げたり蒸したりと、いろいろな料理でお待ちしてます!

野球

20080605095839
先日、今シーズン初の野球の試合がありました。

息づまる投手戦で2ー0とリードを許す我がチーム。
最終回、2アウト2塁。一発出れば殊勲の同点弾!
その重要な場面で、代打オレ!

オレっ!?

(ここで打っちゃったらヒーローだぜぇ、などとイケない邪心を抱きながらバッターボックスへ)

つづく

お年玉で…

20080604144627
高校生らしき男の子4人が入って来て、
「ちゃんこ鍋食べたいんですけど」と。
ご飯とから揚げをセットにして出す事に。

聞くと中3で剣道部。昨日、中学総体で3年間の部活を終え今日は振替休日。慰労をかねて「ちゃんこ」を食べに来たとか。しかも我が母校の後輩。ついつい、ちゃんこの盛りも良くなってしまう。

コーラとジンジャーエールで乾杯!鍋も取り合いになりながらあっという間に完食。かわいいなぁこいつら。おじやサービス!
受験勉強がんばってよ!子供たちががんばっているの見るとうれしくなっちゃうね!いつまでも住み良い街であるようにおじさん達も頑張るからよー!!

気仙沼のかつお

20080603222407
気仙沼に「かつお」の季節がやって来ました。

街も活気づいてきます!
すりおろしたニンニクを少し付けて茗荷と一緒に食べるのが私は好きですね!

この大自然と周りの人に生かされているんだなぁ、と思いながら一口パクリ。

こんな美味いものを食べられるのは本当に幸せです!

この豊かな海や漁師さん、お客様。それに携わる全ての方々に感謝、感謝です!

地図

20080602084427
20080602084425
昔から地図を見るのが好きでした。
理由は頭を使わなくていいから(笑)

その土地の名物の食べ物を思い浮かべて旅した気分に浸っていました。

行ったことのある場所の地図を眺めて、風景や何を食べたか思い出したり。(ほとんど食べる事ばっかり、笑)
心に残る料理やサービスを提供していきたいなぁ。

そして両親連れて日本全国食べ歩きしたいですね!

じゃこご飯

20080601092114
20080601092112
20080601092110
20080601092107
20080601092105
20080601092103
ちりめんじゃこを炊きました。
三重県産で小粒でちょうどいい大きさ。
あったかいご飯に気仙沼でとれた山椒の実を数粒混ぜます。
お弁当や、お酒の〆に少しご飯という時に最高です。おにぎりにしても美味い!当店のお土産、人気商品です。

じゃこご飯が京都に行かずとも食べれます!
目をつぶると鴨川の四条大橋に川床料理を食べているような…芸妓さんの姿も見えて酒杯を傾けて…

いいなぁ…

いけねぇ、想像の世界に浸ってしまった。さぁ掃除機でもかけよっ。
プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー