大晦日


お陰様で今年も無事、一年を締めくくろうとしています。

お世話になった方々、友人、知人の皆様には心から感謝申し上げます。


被災地は復興までの道のりは、はるか遠くです。

地域の復興の一助となれるよう、あまり無理せず健康でがんばっていきたい。



数年前までは、すぐに結果を求めようと急いで慌ててばかりでした。


「人生長く事をやり続けるには、休みながらゆっくり走る」
友人からの助言の意味が、その時はわかりませんでした。

42になった今、その言葉が身に染みて分かり、そして、目標になりました。


被災地は復興に向けて、日々激動に変わろうとしています。
2回目の年の瀬を向かえ、不安、心身の疲労も重なる人もかなり多いです。


「健康で目標に向かって長く走り続ける」


緩やかな穏やかな長い長い上り道。その先に確実に見える小さな光。

ウサギとカメなら、カメのように挑み続けたい。


連休、久しぶりのギター、ゆっくり弾けて気持ちよかった♪

来年はスキー!
震災前のように野球もしたい!

皆様にとって素晴らしい一年になりますように!良いお年をお迎え下さい!
スポンサーサイト

かに爪




蟹爪の揚げもの。

手作りで美味しいと思います♪

仕事納め



今日が仕事納めです。
この一年、お世話になった皆様には感謝してもしつくれない程、感謝しています。

仕事最終日も一期一会の気持ちで望み、いい雰囲気でお客様に喜んでもらいたい。

来年は復興が少しずつ形になって見えて来て欲しいよ。
期待と希望をもって挑みたいな♪

そろそろ、おもいきりカラオケやろうかな♪

料理で



料理人になってよかった。

自己満足でなく、お客様の立場になって、お客様が喜ぶ料理を作りたい。

美味しい料理を作って喜んでもらって「明日からまたがんばろう」
人を元気づけられる料理人になりたい

防衛大臣


気仙沼出身の小野寺五典(いつのり)衆院議員が防衛大臣に就任した!!

東日本大震災の復興に向かう被災地・気仙沼。
ここに住む私たちにとっても身近な方なので、年の瀬にうれしいビックニュースが飛び込んで来た!

喜びと期待!
防衛とともに復興にも力になってもらいたい!!!!!

被災地の子、運動不足で肥満傾向


気仙沼市内のほとんどの小中学校(30ほど)の校庭には仮設住宅が建ち、子供たちの体育の授業が十分に出来ていません。

今まで学校まで徒歩で通っていた生徒。自宅が津波で流失して遠い仮設住宅や、借家になり、仕方なくバス通や車での送迎

それによる肥満傾向

子供たちにおもいっきり運動させたい

感謝をこめて


今年もあと一週間。

お世話になった皆さんへの感謝を忘れず、普通の事を普通にやっていきたい。

24日、雪


昨晩から降り続いた雪で、24日のクリスマス・イブは朝から道路は凍るだろうし、雪かきもしなきゃな…早めの出勤


朝からいち早く雪かきをしていただいた跡。
お隣さんがやってくれていた。
「いいの、いいの、ついでだから」

ありがたいです。

店の場所がかわって1年9ヶ月がすぎました。
おかげ様、感謝の気持ちで

賄い・魚のアラ





尾頭(おかしら)付きの魚、骨付きの魚…

今の子供たちは食べれるだろうか?

まず、家庭の食卓に上がる回数も少ないんではないだろうか…

骨のない食べやすい物、柔らかい物…

そればっかりではイカン。


店の賄いで『どんこのアラ』を作って子供たちにも出した。

『どんこ』
三陸沿岸で採れる冬が旬の白身魚。身は淡泊で上品な味わいで、肝が美味。

店では身と肝を『ドンコの肝たたき』、お刺身にしてお客様に提供するので、頭と中骨は残り、賄いになる。


残りのアラに小麦粉、またはカタクリ粉をハケで付け、油でカラッと揚げる。熱い天つゆ(無ければめんつゆを薄めて)をかける。刻んだネギ、または万能ネギ、もみじおろし(しょうがでもよい)


骨付き魚を敬遠する我が家の子供たちも、頭からむしゃぶりついていた(幼稚園児も!)

調理次第で子供も食べる魚!やってみて!

no title


あの人の元で働きたい

そう思われる料理人になりたい

紙ねんど、で






次女

学校、図工の時間、紙ねんど


女子ソフトボール・キャッチー、自らをモチーフに



躍動感!

肉の付き方

感情がこもっていて、びっくり!


ホントに好きなんだな…ソフトボール。


夜な夜な温泉卵作ってやった…
朝、食べやがれ子たち♪

12月20日、雪、気仙沼


雪で真っ白になった始業前の小学校校庭。
寒さなんか気にならない、子供たちは大勢でドッジボール。
「あわてんぼうのサンタクロース」が朝の音楽で校庭にこだまする♪
むじゃきな子供たち、めんこいな♪
一日も早く街が復興出来ますように!

宮登名物X'mas鶏もも揚げ


23、24日、2日間限定で、名物X'mas鶏もも揚げお作りします。
ご予約お待ち申し上げますm(__)m

かき豆腐



カキを裏ごして、玉子、だし、すり身、味を整える。
流し缶で蒸す。

切り口が二層になってキレイ!

実はこれ、失敗…

沈澱して二層になってしまった。

ま、美味いからいいか♪

小野寺五典(いつのり)氏


衆院選、宮城6区は自民前職の小野寺五典氏が5度目の当選を果たした。

気仙沼出身。
与党として復興大臣に就任し、復興の先頭に立ってもらいたい!
被災地は進まない復興にとにかく歯がゆさ

ストレスを溜めてしまう


いい人ぶって、ついついストレスを溜めてしまって、たまにキレてしまう俺…

はぁ、情けない

改善しないと…

反省


今日は反省、寝る

仮設住宅寒さ対策



仮設住宅の玄関には風除室(ふうじょしつ)があります。直接、冷気が部屋に入って来ない、もう一つ玄関がある小さなスペース。

それでもこの季節、冷たい風が部屋に入って来る{{(>_<;)}}

そこで、使わない発泡スチロールをちょうどいい大きさに切って、風除室の側面に張り付けてみたら…

案の定、冷気はさいぎられ玄関を開けてもポカポカ♪

見た目、つぎはぎだらけの発泡スチロール。子供たちには「ビンボーくさい!」と言われそうだが、おしゃれなクロスを張る予定。
なんでも買えは済むではなく、お金をかけずに、ある物で工夫出来る子供を解ればいい。

行政で仮設住宅で暮らす年配の方々に、風除室に断熱材入れてもらいたいな。気仙沼の厳しい冬は3月まで続くから…

no title

「大船渡」
「志津川」
「新発田」
「寒河江」
「小名浜」
「安曇野」
「思案橋」
「水前寺」
「檀之浦」
「多治見」
「富士宮」
「天王寺」
「太宰府」

「会津若松」
「九十九里」
「五所川原」

もうやめます

続・三文字地名


うわ~、次から次へと思い浮かぶ~

「宇都宮」
「宇和島」
「関ヶ原」
「霞ヶ関」
「深大寺」
「相模原」
「八王子」
「国分寺」

また、路線がかわってきたな~

地名好きにはたまらないぜ!

ちなみに、四文字地名は

「陸前高田」

あとは…

三文字の地名


唐突ですが、三文字の地名って風情があるというか、印象に残ると思う。


もちろん、私たち故郷「気仙沼」


思い当たるところでは
「観音寺」
「湯布院」
「津和野」


「北海道」は漠然とした感じかな?

「名古屋」も大都市過ぎる感じ?

あと、何処かあるかな?
「鹿児島」
「御前崎」
「和歌山」
「四日市」
「四ツ谷」
「五反田」
「市ヶ谷」
「浜松町」
「代々木」


地理好きなので、どんどん出て来るが…なんか、方向性が違ってきた。全然風情がなくなってきている…


夢は全国食べ歩き♪

自然薯(じねんじょ)





宮城県丸森町産の「自然薯(じねんじょ)」を頂きました。
ありがとうございましたm(__)m

自然薯はとろろにする時も皮ごとすりおろします。粘りが大変強いので、箸で持っても落ちません。
冷めた味噌汁でのばして、麦トロにしたら最高!

今日は「自然薯まんじゅう」を作りました。蒸して、裏ごします。すり身、又ははんぺんを裏ごしして混ぜ、生地ちします。
湯がいた海老と銀杏を射込み、丸めて、打ち粉をして揚げます。
あんをかけて山葵をちょっと。

あつあつ、ほくほく、上品な自然薯の香り、しみじみうま味。

貴重な物を頂きました。ありがとうございましたm(__)m

一期一会


いついかなる時も、客を、一生に一度しか無いものとして、悔いのないようにもてなせ、という教え。

その積み重ねだと思います。


仮設住宅で2回目の冬を迎えます。

狭いので暖房を着けると意外に暖かく、見た目より過ごしやすい。
来年には仮設を出て、住まいを持ちたいな!

お遊戯会


一番下の子供、近々幼稚園のお遊戯会があるらしい。

一応見に行くが、熱心にビデオカメラ回すわけでもなく…そんな時は後ろから引いて見ている。


特別強い関心ないが、どんな役か聞いてみた。


「家来」

「宿屋」



「…」


(クレーマーの親になるのは嫌だし、役はそれでいいんだけど、もうちょっとイイやつなかったのかなぁ?)


聞くと、じゃんけんで勝って自分で選んだら「家来」と「宿屋」。


たぶん意味分かってない。

やるじゃん♪

手巻き寿司




日曜晩御飯、手巻き寿司とけんちん汁



子供たちに俺の魂を食べさせる♪

夢とか目標とか希望とか


震災後、気仙沼はなかなか復旧復興が進まず、先行きの見えない混沌とした状況が続いています。



今日は「立志式」という、気仙沼中学校2学年を対象に、初めての試みが行われました。


思春期、反抗期、大人と子供の狭間にあって、この震災も経験し、精神的に不安定な中学時代を過ごしているようで生活態度も乱れている生徒も少なくないようです。


先生、保護者の前で一人ずつ壇上で『これからの目標、今後の生活の仕方』を発表しました。


「家業を継ぐ」「公務員になりたい」「介護士になりたい」
明確に目標を掲げていた子もいたが、ほとんどの子は、ぼんやりした目標でした…

残念でしたが、被災して先行き不透明な今の気仙沼…
大人ですら夢、目標を持ちずらい状況。
子供たちだって、夢を見ずらいし目標をたてずらい

避難先


避難先のじいちゃん、ばあちゃん宅で


津波警報解除


久しぶりに、子供たちとじいちゃんばあちゃんと晩御飯。

じじばば、孫と一緒で喜ぶ。

地震だったけど、なんだかよかったね

津波警報、解除、安堵…


津波警報、解除…

安堵

肩の力がどっと抜ける


あらためて、生きてることに感激

家族


仲間から連絡もらう
うれし


それでも、海と共に生きる気仙沼


気仙沼が好き

津波警報


12月7日、17時18分、M7、3、三陸沖で地震発生。
気仙沼は震度5弱。
津波警報発令。

うちも店じまいして避難しました。

何事もないことを祈る。

BRT(バス高速輸送システム)



JR気仙沼線


気仙沼から仙台方面までの海岸沿いを走るJR在来線でした。

3・11の津波で、ほとんどの駅舎や線路が流され、現在も不通です。

高校生の通学、社会人の通勤、病院へ通う方々足として、地域にはなくてはならない交通手段でした。


震災後、代替に路線バスを使用していますが、一車線しかない気仙沼市内では復興関連の建設業者のトラックで慢性的渋滞…
授業に間に合わない高校生も少なくないようです。


そこで仮復旧工事として、線路を撤去し、その上をアスファルトで舗装し『バス専用道』。
一般道と併用して、交通不便の解消を目指しています。

故郷の再生、一歩ずつ進んでいます。
プロフィール

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー