ホヤぼーやの看板なんてあれば


気仙沼の町

観光や外から来てくれたお客さんに対して、道路標識や歩行者標識が上手く表示されていないと思う。


そこは、やはり漁業の町だからか…
観光地にはなりきれていない…


観光客の視点でとらわれていないと思うところが少なくない。


「あそこにこんな施設がある。」
「そこを曲がると200メートル先に駅やバス停がある。」など


気仙沼が誇るゆるキャラ「ホヤぼーや」を使った看板が市内にあふれてたら、明るく統一感があり子供たちや観光の方々も喜ぶんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト


わたし達が住ませてもらっている公園の中の仮設住宅。
8月で丸2年になる。
住宅を取り囲むように花壇と木々が生いる。

同じ棟に暮らすおじいちゃんが毎日、素手で雑草をとり、培養土をやり、種をうえ、水をやり

雨の日以外、毎日


「ご苦労様です」

こう言うしか出来ない
口数なく、軽くニコッとして返すだけだが、うちの仮設住宅がキレイなのはこの方のお陰だ。

たくさんの種類のお花に囲まれて、雑草もなく快適に暮らして

感謝

どんな小さな花

愛でる心のゆとり、余裕を


感謝

Mr.BIG


カラオケ歌いにスナックへ。

友達が歌えと入れた、Mr.BIGの「To be with you」


あ、久しぶり

忘れてた

ありかもね

CD借りてみよう

30年前の日本海中部地震


30年前の1983年、5月26日。秋田県男鹿沖を震源とする大地震があり、10数分後、10メートルを越える津波が襲い、遠足で訪れた小学生多数を含む100人以上の方々が犠牲になった。
私がこの事実をしったのは最近。

当時中学生だった自分。近隣の秋田県で起きた大惨事。
30年たった今、風化…というより、事実すら知らなかった…

防災意識が薄かった当時。それよりも、日本海側でも津波が来るのかと、ただただ驚いた。


東日本大震災から2年3ヶ月たつ。
きっと東北以外ではニュースになる頻度も少ないだろう。

地元ではまだまだ先の復興へ向け、みなさん全力で頑張っている一方、震災が少しずつ過去のものになりつつある確かだ。

あの忌まわしい事実を二度と繰り返さないように、風化させず伝えていかなくちゃ

生きるモチベーション


料理で元気になってもらう。


はたして、自分の仕事は地域や人の役にたってるかい?
自問自答

お客様の立場になって、お客様の喜ぶ料理を作りたいな~♪

少しショックを隠しきれない


俺的には、それなりに自信があった『ミスチル』


ギター弾いて歌ってても


「福山は、キーがあってるけどねぇ…

ミスチルは


痛い(ノ_・。)…」



(そ、そんな訳、ないじゃん;)



全国ランキングのカラオケ、「Gift」「HANABI」熱唱しても思うように点数が上がらない…


結構、ショック…


歌うのは一人車の中だけにしよ

一期一会


今日も一日、悔いなく大切におもいっきり生きましょう♪

広島菜



・気仙沼、天然ブリの西京焼き
・ネギ入り玉子焼き
・筍の木の芽味噌合え
・筍の磯辺揚げ
・トマトと新玉葱のサラダ
・ほうれん草とアンチョビのフジッリ
・帆立貝の酒蒸しと葉玉葱の酢味噌がけ

などなど…

その中でもおもしろいのが「筍ごはんの広島菜巻き」


お客様が笑顔になれるように、下から目線で歌います♪

あんばちゃん




子供たちを元気づけようと気仙沼出身のマギー審司さんら芸能人グループ

チャリティボーリングで支援金


気仙沼を優しく包む象徴
「安波山(あんばさん)」


気仙沼小学校の生徒たちに、ゆるキャラを募集。
「あんばちゃん」

先日の運動会でお披露目。


子供たちに夢と希望を♪

次の世代へのつなぎ役になりたい

5、6月限定!


「ふぐとちゃんこのお試しコース」

気仙沼に水揚げされる天然とらふぐを召し上がってみませんか?

5、6月限定です!

塩梅(あんばい)


「塩焼き」


魚の種類や大きさ、季節ごとの脂ののりで、塩加減も調整。


塩が強すぎてお客様に出せないので、賄いに…


塩梅(あんばい)

まだまだキャリア、経験が足りないぜ、俺♪

いつか、いい塩梅になれればいいね♪

ルール


たしかに、今まで子供たちにいろんな物を買い与えてきた。

それはただ「欲しいから」という理由で。


自分も親から「欲しい」という理由だけで買ってもらってきた。



昨日、長女にスマホを買った。


これから子供たちに大きな物を買うに当たって
・何故欲しいのか理由
・使用するに当たってのルール(時間や場所など)
・もしルールを守れなかった時は

もちろん親がそれを見て修正する。
お互い納得したら買い与える。


大人が決めて作ったルールを型にはめようとするとなかなかうまく行かない。
欲しい動機、許容範囲内でのルールを子供自身に決めさせ、その物を使う自覚、責任を持たせる。

親15年目でようやく子育てに光明を見出だした気がする。

これから大人になるまでいろんな大きな物を買う機会や人生の節目が訪れる。

この「ルール作り」を我が家のルールにしたい。

Priceless


8人乗りのレンタカー借りて遠出。

思い出はプライスレス。
一日一日大切に過ごしたい♪
うまいビール飲めるよに♪

カゴ


カウンターの椅子の下に荷物入れるカゴ作りました♪

100円ショップのカゴにオレンジ色の皮を敷いて。

10脚のうちまだ1つしか取り付けてないが、ま、気まぐれでのんびりやろ。
昨日、女性のお客様が何気なくカバンを置いてくれて嬉しかった♪

お天気まつり


気仙沼地方では「お天気まつり」なる習慣がある。


子供の運動会、地域のお祭り、各種イベントなどの前夜に

「明日、天気にな~れ!」
とご祈祷しながら御神酒をいただき続ける大切な慣わしである。


ま、それにかこつけた飲み会なんだけど…

「雨乞い」の逆バージョンみたいな。



ベテランのお天気まつり師の方によると、前夜だけのご祈念では効力が薄い。
日付を越えて飲み続け、初めて「お天気まつり」の真価が発揮するそうだ。


明日土曜日は気仙沼市内いくつもの小学校の運動会。
今夜金曜夜は随所で「お天気まつり」が行われるでしょう。

あす朝校庭で、顔色が悪そうなお父さん方がいれば、(あ~、あのお父さん方のおかげで晴れの運動会が行われるんだなぁ)
ちょっとだけでも思ってくれれば幸いです♪
そのお父さん方…玉入れ、パン食い競争など激しい運動は大変危険なので辞退させて下さいね♪

スナック Alba(アルバ)


久しぶりにおもいっりカラオケを歌いたくて、スナックAlba(アルバ)に行きました♪

スタッフ皆、謙虚でしとやか、決してでしゃばらず一歩引いてお客様の聞き役に回る。
同席して自ら酒を飲まず、絶対たばこも吸わない。
特別これがイイ!ってのがない、
というか、あえてイイ部分を抑えてナチュラルな接客。
人気店たる所以だなぁ。
また行こ♪

スナックAlbaは当店となりです♪

ゆる


今日もちょっとゆるめに頑張りましょう♪


今日も自分の歩幅で頑張りましょう♪

母の日



「お母さん、7時まで帰って来ないでね」

息子とご主人にそう言われたらしく、一人買い物して時間潰ししていた、同級生女子。

母の日なので、慣れない二人でお母さんに晩ごはんの準備をしているという。

素晴らしいご主人と息子さんだね♪

スマホ



スマホを『強烈に』欲しがる娘たちに、まずは『ルール』作りを!と。


絶対に簡単にスマホを買い与えたくないので、納得するまで話し合い、バトルする日々でございます。


子供たちには負けましぇ~ん♪


母、感謝
ワイフ、ありがとう


弾いてんね~、ギター

ワイングラス


「日本酒をワイングラスで飲むのもいいよね」

お客様にNiceなアドバイスを頂きました。


気仙沼の造り酒蔵2社の素晴らしい冷酒を、香りを楽しみながら料理と合わせて、ワイングラスでお出しする。
お客様に普通のグラスがワイングラスを選んでもらって。


今日水揚げの鮮魚には、このグラスでこの冷酒が合うかな♪

生きてるヤリイカ


身が透き通って、甘くてコリコリ。
角がピーンと立って。
下足はさっと湯がいて、生姜醤油でもいいし、天ぷらで塩でもいいね。

気仙沼も定置網が始まり、いろんなシーフーズが入って来ました。
海と生きる・気仙沼

Bar ダンヒル


震災以前、気仙沼市南町にあった「Bar ダンヒル」。40年を越える名店で、76才のベテラン名バーテンダー・新沼がご夫婦で営まれていた。
今もお元気だが、ご本人は80過ぎまで頑張ると言っていただけに、震災で店を失ったのは非常に残念でならない。
新沼さんのカクテルに魅了された大勢の気仙沼市民がいるはずだ。
あのお店の雰囲気は出せないが、カクテルだけでも味わいたい。

花屋さん


花屋さん


冬の寒さでも、夏の暑さでも、外で立ちっぱなしでいつでも笑顔で花の手入れをしてる。

スゲー素敵だなぁ。

作り笑いじゃなく、心からの笑顔。
お花のこと、心底好きなんだなぁ。


好きなものに囲まれ暮らし、仕事出来るって、こんな幸せないよな。

ありがたいことに、俺も今の仕事が大好き。
感謝♪

焼肉ジャンジャン



気仙沼に来たら海鮮料理が中心だけど、焼肉店もたくさんあります。

気仙沼神山の「焼肉ジャンジャン」さんでランチ♪

石焼きピピンバ、冷麺、塩ジャン麺、気仙沼ホルモンなど、お子様連れや家族連れに喜ばれ。夜のメニューも充実♪

必見!東日本大震災、津波の記録




「東日本大震災の記録」

気仙沼市の丘陵にある「リアスアーク美術館」で、年内観覧無料の常設展「東日本大震災の記録」をやっている(月曜休館)。


震災、震災直後の記憶が徐々に薄くなる日々…

気仙沼に住む人も、市外から来てくれる方々も、是非この展覧会をご覧になって頂きたいです。



~展内の文章から~


復興


一度衰えたものを再び盛んにすること



被災から2年の今、復旧もできていない現在、復興などしているはずがない。震災以前と同じように、地域の全ての活動が盛んになり、全ての人々に心からの笑顔が戻って初めて、「あぁ、復興したのかな…」と、私達は思えるのかもしれない。
今、復興という言葉を私達が使うとすれば、「復興を願って、復興を目指して、復興を信じて」という使い方だろう。

電波時計


ありえねぇ…

うちのお店の電波時計
しょっちゅう遅れる…

気付くと、5分、10分遅れてる。
その都度、直して…

イラッ!
そしてため息…


やっぱ〇ボホームセンターのはダメかぁ…


捨てようかな、と思い数日


いつのまにか矯正し正常に動いていた。


「ようやく軌道に乗ったんだね」妻



(ずいぶん長い間遠回りしてきたな。困らせやがって…

なんだか俺みてぇな奴だな…)

自然と愛着が湧いて来た

Switch On/Off♪


今日も悔いなくいきましょう~♪
Switch On/Offしながらゆる~く♪

とりあえず笑っとけばなんとかなるな♪

あんこう






あんこう


冬のイメージのあんこう。
水揚げ量は少ないですが、気仙沼港には2月から5月くらいに稀に揚がります。

安定供給出来ないので、名物になりきれない『隠れた名物』…


しかし、生きて水揚げされる鮟鱇の美味しさといったら…


・吊し切り
・七ツ道具
(ヒレ、皮、肝、エラ、胃袋、ヒモ(腸)、ホホ肉)
・共和え
・あんこう鍋
・締めは、雑炊



そんな『あんこう』をリーズナブルに頂ける、5月まだ肌寒く鍋も美味しい気仙沼♪


水揚げがない日もございます。事前に連絡いただければご用意いたします。

来年、あんこうツアーもイイね!

ばっけ




恥ずかしながら、ばっけ(ふきのとう)味噌を初めて作りました。
上手くいった♪

初めて作る料理が上手くいく。これほどうれしいことはないな~♪

今日の前菜は

・こごみの胡麻白和え
・胡瓜にばっけ味噌
・若芽と葉玉葱の酢味噌
・竹の子姫皮寄せ
・島らっきょ


気仙沼の新鮮なお刺身、そして季節の山の幸♪

感謝♪♪
プロフィール

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー