5、6月限定で始まります


気仙沼の天然とらふぐ、いかがですか☆☆☆
スポンサーサイト


さかな町・気仙沼でも、やっぱ肉食べたいよね☆

和食や会席料理だと綺麗で魚や野菜でヘルシーだけど、ガツンとパワーに欠ける感じ。
女子だって、肉食べたいよね☆

肉割烹いいね♪

ほどほどに


15年前にお世話になった親方に、忘れてた料理を聞いた。
親切に教えて頂いた。

当時は劣等生でさんざん迷惑ばかりかけたけど、今となっては素直に聞ける。

歳をとるごとに素直になってんのかな?

最後に一言
『酒はほどほどにしなさいよ』

当時だったら、うるせぇなぁと思ってたんでしょう。
今では素直に聞きます

リーダーの掟


自分の思うところの7割でよし、として、感謝して、誉めなさい


忘れてた

趣味


準備

美味しそうでしょ!!


あつあつの、蒸しホヤ☆☆☆

木を切るのに忙しくて、斧を見る暇がなかった


一生懸命はよいことだが…

働きで大きな成果を挙げても、木を切る斧である社員の方々や自分が、心身ともにすり減っていたとしたら本末転倒。

自らを失ったら、何の益があるんだろうか。


仕事の奴隷になってはいけない。

いつも木を切る斧に油をさし、一緒に頑張ってくれる皆さんにいたわりを忘れないでいたい。

震災から4年以上たっても…




復興している所もあるが、4年たっても未だ手付かずな所も少なくない

そんな混沌とした情景のなかを、歩き、車を走らせ、生活するのが当たり前になってしまった。

春先雪国の両側雪の壁でなく、両側土砂のかさ上げ数メートルの壁を通勤、仕事、生活で通る。

通る誰しも笑顔はない。
そこしかないから仕方なく通る。一日も早い故郷の復興を願って。

それでも、そしてまた明日からいつもどおり業務を遂行する。

所作



昼食会で松花堂弁当をいただいた。

みな食事が済んだ。
斜め前の方が、ご飯を食べ終えたタメ塗りの椀に残ったお茶を少量注ぐのが視界に入った…

(紳士の社長さんなのに、少し行儀よくないなぁ…)と思った…

が!

少しして気付いた!


周りに気付かれないように、塗りのお椀にお茶を注いだのは洗い物を楽にするためのことだったんだ!
ご飯茶碗に付いたお米の後は少しふやかすと取れやすい。
お店の方に対するさりげない思いやりだったんだ!

黒いタメ塗りのすし桶もシャリの後が残って洗いずらいもんな。

さすがお寿司やの社長さん。
さりげない所作。こんど真似てみよう。

手紙


手紙を書いて、心落ち着かせる。

メールでは出せない情緒。

手紙を書ける余裕を持ちたい。

no title

仕事でちょっとミスしてお客様に喜んでもらえなかった時は本当に悔しくて絶対飲まずに早く寝ると単純なので翌朝忘れてしまって引きずらないところは自分の性格で少ししかないよい部分かな

寝て忘れちまえ☆☆☆

気仙沼でしか食べられない『メカジキ』


しゃぶしゃぶで頂くと上質なお肉みたい!!

気仙沼でしか食べられません☆☆
出来ればご予約をいただけると確実です☆☆

気仙沼の地物、天然山菜



タラノメ、よもぎ、蕗の若葉、ウド、うるい、フキノトウ…

衣にふんわり空気を入れながら、薄~い衣でサクッと歯ごたえ残して揚げます☆☆
ピンク岩塩で召し上がれ☆☆☆

災害公営住宅



気仙沼でもマンションタイプの災害公営住宅が3棟完成しました。
2月くらいから、少しずつ入居が始まっているようです。
仮設住宅に入居されていた方々も1軒、また1軒とご引っ越しされて空室が少しずつ出てきました。
少し寂しい気持ちもありますが、新居へのご引っ越しは大変喜ばしいことです。
窮屈な狭い仮設住宅から広い部屋への生活は喜びもひとしおでしょう。

震災から数ヵ月後、避難先から始めて仮設住宅に入れた時はプレハブとはいえ、ようやく家族だけの空間が出来たと喜んだものでした。
あれから4年近く…
無我夢中に駆け抜けてきました。今おもうと、思春期の子供たちとも距離が近く、怒ったり泣いたり笑ったりと、狭いながらも笑顔が絶えない我が家です。
もう少し仮設暮らしも続きますが、今日も明日もいつもどおりいつもどおり、当たり前をしっかり出来れば必ず春は来ると確信しています。
熱い夏が来ても、寒い冬が来ても。
自分でコントロール出来ないことは一切考えない。考えてもしょうがない。手の届く範囲のことを確実にやることです。微力だけどそれがふるさとの復興の一助になればこれ以上幸せなことはない。

花は咲く


気仙沼の料理人、同志で会議をしています。

すべては、傷付いたふるさと・気仙沼のために!

料理人として何が出来るか…

プログレス(協同)

料理人だけでなく、みんなで協力して素晴らしい何かを創る☆

釜あげしらすのだし巻き玉子焼き


春告げる 三陸の海の幸「こうなご」

釜あげシラス

気仙沼のみな、昔から馴染みのある愛すべき味覚。

卵焼きに入れて焼きました。
関東の厚焼き玉子のように砂糖を入れず、シラスから塩気が出るので、だし、薄口醤油、煮きり味醂、を少し。
あえて焼き目を付けずに白い仕上がりに。

京都のだしが効いてるだし巻きに、気仙沼の春のシラスの香りがふんわり効いてる感じ♪

塩って春

天然のタラの芽


天ぷらで☆☆

ホクッ、サクッ!

あ~幸せ☆☆ 感謝

メカジキのハーモニカ



ハーモニカって何?


気仙沼が水揚げ日本一の大型魚のメカジキ。
三枚に卸したその背ビレの付け根の骨の部分です。20~30センチ。蛇腹の形状が楽器のハーモニカに似ているからハーモニカ煮。
ゴボウと生姜を入れて甘辛く炊きます。骨に付いたお肉を頂きます。身ばなれがよく、スペアリブみたい。脂がのっているので本当に美味しい!
気仙沼B級グルメです♪
ある時とない時があるのであしからず。

生チョコタルト


長女作

うちの子たちは物を作るのが好きで大変嬉しく思う☆☆

作るのも好きなのだが、それを食べて喜んでくれるのがもっと好きでそれが快感になる☆☆

あと一歩ずつ前に 進もう


震災の時は小学校卒業間近。今では高校2年生。
恵まれない環境の中でも頑張ってやってるな!!
とても嬉しく思うし、子供たちからパワーをもらいます☆☆☆
被災地でも負けずに頑張っています☆☆☆

春野菜の白酢がけ


今日のお通しは、春野菜の白酢がけです。

つぼみ菜、うるい、アスパラ、ウドを湯がいて薄く下味をつけて。

気仙沼も少しずつ暖かくなってきました♪

プログレス


昔から気になっていた曲。NHK「プロフェッショナル」のテーマソング。
スガシカオ率いるユニット、コクアの『プログレス』

10年前の発売のCDをお取り寄せ
すごく格好いい☆
目指せ完コピ☆

肉汁☆☆



仙台牛のメンチカツ☆☆

かさ上げ





気仙沼市で津波の被害が大きかった沿岸部や河口付近。大規模な、かさ上げ工事が行われています。
ダンプカーの往来がものすごく多く、粉塵がひどいので車の窓は開けられず、洗車してもすぐ汚れてしまいます。
かさ上げは低くところで2メートル。高いところは6~7メートル。
この上に建物建てて大丈夫なんだろうか…大丈夫なんだろうけど素人ながら不安になります。

初!!




初!全国紙に料理が掲載されました!
嬉しい!!
新潮社の『考える人』という哲学的なむずかしい本です。
『キンキの煮付け』を紹介して頂きました☆

怒っちゃダメだよ


怒っちゃダメ

怒っちゃダメだよ

ゴールはなし


料理人にはゴールはないんだ

華やかに見える半面、一生悩み、迷い、苦しみ、一瞬喜び、そしてまた悩み

そうなるつもりです

とにかく日常生活のリズムを大切に

上生のゴールは健康で長く働き続けること


身の丈にあったスピードで、穏やかで緩やかな坂道を時間をかけて健康で登り続けること。
疲れたら休めばいい。
疲れがとれたらまた進めばいい。

東京


東日本大震災は風化してんだなぁ…

目指す方向が改めて明確になった






美味しいものを頂くと


(あぁ 美味しいなぁ…

よ~し俺も頑張るぞーっ!!!)


復興へ向けて日々歯をくいしばって頑張っている地元・気仙沼の方々。被災地・気仙沼を訪れてくれる皆さま。
食べ来て頂く皆さんが

〈あぁ 元気出たなぁ…
また明日頑張ろう!

改めて、そういうお店を目指したいなと、強く強く思いました。
熱い(;´д`)心を胸に閉じ、表情かえずにいつもどおりやるだけですm(__)m
プロフィール

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー