FC2ブログ

終盤みたい



魅惑のふぐ

食べてもらいたいなぁ
スポンサーサイト



暇だったんで~~~(m--)m



ごろごろ野菜のホットサラダ♪3種のタレで☆
ゆるめにいきま〜す♪

寝よ


ミスチルの終わりなき旅聞いてジャイアントコーンで〆て寝よ!

基本、楽しく


世の中そんな甘くないのは十〜分わかっております。でも、こんな時代だからこそらく〜にいきたい?楽(らく)しようなんてこれっぽっちも思ってない。
せっかく生きてるんだもん、楽しい方がいいじゃん♪怒られるのは嫌いだから怒らない。ストレスフリーで平穏に攻める♪僕の周りにはそんな輪が広がっています☆☆☆

今朝の気仙沼は26度


先週末はうだるような暑さだったが今日は避暑地♪5月でこんなに暑くて8月にはどうなるんだろう…心配…

気仙沼のお刺身は美味しいから


醤油だけじゃなくて、いろんなタレで食べたらもっと刺身が食べたくなるんじゃない☆無限の可能性があると思う♪今までのやり方をしっかり残しながら楽しくチャレンジしたいね☆

お疲れさま



この官能的な味も自信もって出せるようになってきた。慢心はしないけど。

土曜日


宮登で静かに一人飲みしてみたい

小野リサさん



今週日曜日に仙台で小野リサさんのライブに行きたかったなぁ。
残念だけど今回はがまん。

鉄骨



背の高い鉄骨建って来たなぁ。2階建てじゃなく天井の高い平屋です。

追伸

人に頼む時、気仙沼的に「だいたいでいいから〜!」という場合がある。
元来いい加減な俺は『だいたい』で理解出来るけど、出来ない人も多いと思う。

「2、3個取って」
2個 なのか3個 なのか?曖昧な指示を出して相手を困らせ、相手の生産性を下げ、その結果、自分自身も相手の低い生産性にイライラしてしまう負の連鎖…
「2個取って下さい」「3個取って下さい」

曖昧でダメな気仙沼弁

気仙沼人ってアバウトな人が多い(全てでない)?
それは港町だから?
海、自然、天候相手だから水揚げも多かったり無かったりと安定していない。実に波があり不安定だと思う。多忙だったり全く暇だったり。いろんな状況に合わせなくてはならないから実に柔軟になると思う。
私自身など適当でアバウトな人間は《だいたいこんな感じかな》と、良くも悪くもなんとなく合わせられる。

気仙沼弁で別れ際に「また、あとで!」社交辞令的によく使う。
言った当人は良かれと思って『無期限、またいつか会った時にでも』と思っているが、他地域から来た人は(また、あとで?って2時間後?今日?明日?)って迷って困っちゃうことがある。
気仙沼弁の曖昧なあれはよくない。
別れ際はぼんやりするもんだが「また、いつか」や「いつでもいいから」的な曖昧は歯切れの悪い台詞よりも明確に伝えたい?

本気で日本一を目指す‼


日本一優しい味の店を目指そうかな―♪
基準もないし、自分で『優しかったなぁ―☆よっ!俺!日本一!』って思えばいいし♪

おっきなことは出来ないので


小さいことを細かくしつこく諦めないで

背中を押してあげるから


東京の郊外で便のよくもないアパートに暮らして頑張っている娘たちを思うと(俺ももう一歩先へ、しっかり頑張ろう?って思う)

『とんかつ勝子』のとんかつが食べたくて



テイクアウトで作ってもらいました。
記念日でもないけど好きな花屋でお花も買った。

「車、詳しい?」


詳しそうに見えたのかなぁ…。バリバリ詳しくないです

生コン


生コン入ってました。11月にオープン予定だそうです。
おっきくしなくてよかった。たいへんだろうけどトイレが別々になるのがうれしい。空気がゆったり流れる店になればいい。

ふぐに薬味


旨味、甘味、歯ごたえ。少し厚めに削ぎ切りにしたうす造り。柑橘香る自家製のポン酢に小葱をドサーッとたっぷり入れて。
葱を巻くように薬味ごとふぐ刺しを食べる。

あ〜、っ

三陸のふぐ


味が濃いと思います。
美味しいと思います。

蠢イOLOR


きのうはちょっと心がついていってなかったかなぁ。たいした腕じゃないんで『ここ』だけで仕事してるから☆蛍が弾けていた

北海道のアスパラは立てて運んで頂いた




天ぷらにするならと、娘の好きなカボチャの天ぷらも。
太いアスパラは食感残して美味かった

入手困難な日本酒


岐阜県の養老町の「蘭じゃ待(らんじゃたい)」という超高級な日本酒を頂いた。
飲んだ感想(なんか凄すぎて、すごい…)
板前さんは日本酒の味もよく分かんなきゃいけないんだろうけど、あまり日本酒は得意でない。
缶チューハイ片手にミスチル歌って幸せ感じでんだからゆるい板さんだね♪

水道設備工事をしてもらっています



繁盛すると店を広げようとするのが世の常でしょうが僕はやめました。大広間は作らずスタッフみんなが目の行き届くコンパクトな店を目指しました。大きな売上げは望めないと思いますが、質と雰囲気を落としたくないのを最も優先させてもらいました。健康的で長く。お客様が「あぁ、美味しくて雰囲気も良かったなぁ…。よし!また明日から仕事頑張ろう?」そう元気になってもらえるような店を。ちょっとくらい批判されもお客様の立場になって挑戦していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

東京オリンピックまで

東京じゃないし、普通の生活したいし、逆に困る

土曜日


ビール飲んでギターひいて歌える。うれし―(~▽~@)♪♪♪

Kesennuma愛


東京の長女の引越しで、ベッドにホヤぼーやの小さなぬいぐるみが飾った。離れていてもほんの少しは気仙沼のこと気にしているのかなと思って嬉しかった。
ま、ホヤぼーやが可愛いだけで気仙沼のことなど何にも気にしてないと思うけど。

生産者の方々に感謝



シンプルに。

ふぐ


始まりました

落ち着いていていい


都心はものすごい人。賃金だっていい。
地方はゆっくり広々、落ち着いて過ごせるから、らしく生きられる気がする。
プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー