天声人語から「褒める」


無名だった平山郁夫が、名高い美術評論家に「おもしろい味がある」。
平山さんは、その新聞の2行の評論に歓喜して何度も読み返し、励みにしつ書き続けた。
のちに押しも押されぬ画家「平山郁夫」となる。



『ほめる』

実際、ほめられることで運動技能は向上するのだという。
キーボードを打つ速さで、1回目を打ち終わった後に褒められた人たちは、2回目の結果が20%上昇した。
人間の脳は、ほめられることを報酬と感じる。

「褒めて伸ばす」

「三つ叱って、五つほめ、七つ教えて子は育つ」

永遠のテーマだなぁ


少し、褒めてみるか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【天声人語から「褒める】

無名だった平山郁夫が、名高い美術評論家に「おもしろい味がある」。平山さんは、その新聞の2行の評論に

まとめ【天声人語から「褒める】

無名だった平山郁夫が、名高い美術評論家に「おもしろい味がある」。平山さんは、その新聞の2行の評論に
プロフィール

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー