父が読んでいた料理の本


父が読んでいた料理の本を見ている。
昭和44年、土井 優さんの本。

現代風の料理を追い求めるのもいいが、昔の料理を見ていると自分が出来ないものがほとんどだ。
シンプルだけど奥深い。

料理って見た目も大事だし、複雑な調理法もいい。

しかし案外シンプルが美味しい。

流行を追い求めたくはない。
父が読んでいた料理の本を読み返し、今にあった料理をアレンジして作りたい。
先代の料理人の方々に尊厳の念。
調子に乗らず、慢心せず。上には上がもっともっといる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー