子供たちの自立を『問いかけ』によってサポートする


子供たちの将来を本当に考えるなら、過保護にしてはいけません。


「学校まで車で送っていって」
よっぽどでない限り送っていきません。


車で送るのは簡単です。可愛い子供ですもの、送ってやりたいです。


「車で送って」

「ダメ!甘えてるな!がんばって歩いていきなさい!」
頭ごなしにではなくて


「あれ、今出ればまだ間に合う時間じゃない?少し急いで走ればいいんじゃない?」
と問いかけます。

そうすると、しぶしぶした態度ですが、自分で考えて行動します。


「こうしなさい。ああしなさい!」
ではなくて
「こうするといいんじゃない?」
問いかけ、考えさせる

親は必要以上にヘルプしてはいけません。可愛い子供たちをサポートします。
スポンサーサイト

コメント

そうだそうだ

送り迎えの車多すぎて沢田の坂の行き違いも大変だったし八日町・南町の渋滞の原因にもなってたと思います。気小はランドセルだけで学校に行く日ってほとんど無かったけど今もそうなのでしょうか。学校が山の上だからついつい送っていきますよねぇ。統合したとは言え然程児童が多いわけでは無いのだから浜見山に学校を残しておくことをやめれば良いと思う。(こんなこと言ってると気小気中OBの皆さんに地盤沈下で冠水するエリアに沈められる…)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー