『シドケ』(山菜)


「山菜」
以前は春になると出回るものだなぁ…くらいにしか思っていなかった。
雪解けの季節から、ふきのとう。春になると、タラノメ、コシアブラ、コゴミ、シドケ、タケノコ、ワラビ、フキ、ハワサビ、ミズなど…天ぷらやおひたしにしたら最高である。日頃お世話になっている方々から頂く機会も少なくない。
山菜は出る時期がほとんど一緒なので、一年のうちで調理するのは一月もない。
ある常連様が毎年この時期に山菜天ぷらを召し上がって言う言葉がある。「この苦味で、自分の体が春が来たなぁって感じる。」
別のお客様は、お席に着いて一品目にコシアブラとシラスのみぞれ酢を召し上がると「春だね~…」と感慨深くおっしゃる。
長く寒い東北の冬が終わり、待ちに待った春が来た喜び。舌で感じる苦味と食感。山の味が体の中で消化されていく喜び。

忙しい現代からこそこのような感性が必要なのかもしれません。
ささやかな季節のめぐりを感じるだけで、心がなごみ、ゆとりが生まれる。当たり前の日常に寄り添えば、愛おしさと感謝の気持ちが込み上げてきます。
自然体でいきましょう♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー