FC2ブログ

ひたすら


仮設住宅に住んでいた時、山口さんというご老人の男性も同じ棟に暮らしていた。山口さんは雨と真冬以外の一年の毎日、仮設住宅が建つ公園内の草取りを朝から日暮れまで一人で行っていた。きれいなお花だけ残し大きな草からほんの小さい雑草まで素手で汚れながら、しゃがみながら、時には地べたに座りながら。出勤前に「おはようございます。いつもありがとうございます。」と声をかけても振り返りも返事もなくほがらかな顔でひたすら地面を向いていた。人とは我や欲というものがなくなるとこういう姿に辿り着くのかなと思った。たまに草取りをすると山口さんを思い出す。他のものを払って集中してシンプルに生きるということを。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー