FC2ブログ

地元の若い料理人さんと話をした


勢いあっていいね〜!俺も30才のときがあったんだ。
気仙沼だから、気仙沼らしい、とか海のもん、地元の旬のものとか郷土料理とか…そんな、いままでの固定概念なんて気にせず、ぶっ壊すところはぶっ壊して自分の感覚と経験を信じて諦めないでぶっちぎって欲しい?批判なんか気にせず諦めず突き進んで?
俺なんか散々批判されぶっ壊して諦めずにやって来たら「宮登さん、あんなことやってもいいんだ…」みたいな雰囲気になって来てるし?
変化を嫌う土地柄だけに、いつの間にか主流になったらこっちのもん?

軸足はぶれずに挑戦し続けたいけろ☆
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘイ、マスター

Author:ヘイ、マスター
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー